婦人靴のマーチャンダイジング

 

実践MDシリーズNo.3 婦人靴のマーチャンダイジング 目次

 

CHAPTER1 婦人靴のMD
1.ターゲットの設定
2.商品構成とプライスゾーン
3.商品分類の大・中・小分類の決定
 A案:エイジ、オケージョン、テイストを重視
 B案:グレード、アイテム、エイジを重視
 C案:アイテム、エイジ、ブランドを重視
4.アイテム別型数
 1)パンプスの型数
 2)サンダルの型数
 3)ブーツの型数
5.アイテム別関心度別型数
 1)パンプスの関心度別型数
 2)サンダルの関心度別型数
 3)ブーツの関心度別型数
6.アイテム別プライス別型数
 1)パンプスのプライス別型数
 2)サンダルのプライス別型数
 3)ブーツのプライス別型数
 4)在庫の持ち方の提案
7.ターゲットと品揃えの整合性
 1)グレードの整合性
 2)エイジの整合性
 3)テイストの整合性
8.キャラクター性と売場作りの整合性
 1)ブランドの位置づけを決める
 2)キャラクターに位置づけられると個性を出せる
CHAPTER2 収集データ実例 

1.売上データ収集の実例
2.お客様要望カード
3.その他の収集データ
 1)天候のデータ
 2)気温と天気で売上を予想する実例
 3)仮説と検証の繰り返しが業績を向上させる

CHAPTER3 型数算出のイロハ

1.売上予算から算出
 1)取引条件を考慮しない例
 2)委託条件で消化率を考慮した3つの例
 3)買取条件でイニシャルオーダーを抑えた例
2.什器台数から算出
 1)パンスト売場の例
 2)和食器売場の例

CHAPTER4 バイヤーに不可欠な豊かな感性と科学的な思考とは

1.バイヤーには豊かな感性が必要
2.バイヤーには科学的な思考も不可欠
 1)商品分類の決定は「科学」
 2)データに基づいた需要の予測

売り上げが伸びるPOPの作り方[ホーム編]

 

実践POPシリーズNo.5 売り上げが伸びるPOPの作り方[ホーム編]目次

 

CHAPTER1 テーマが絞られているか

 

改善例1:炊飯道具

改善例2:タオル

改善例3:洋食器

改善例4:タオル

良い例1:金属食器

良い例2:エプロン

良い例3:タオル

良い例4:新作フェア

 

CHAPTER2 伝えるべきことを伝えているか

 

改善例1:クリスマスコレクション

改善例2:Aブランドフェア

良い例1:エプロン

良い例2:タオル

 

CHAPTER3 タイトルと説明文に整合性があるか

 

改善例1:ガラス食器

改善例2:インテリア

良い例1:インテリア

良い例2:タオル

 

CHAPTER4 売上に結びつくPOPの作り方 

 

1.伝えたい情報を整理する

2.距離に応じて伝えたい情報を決める

 

アマゾンで購入できます


売り上げが伸びるPOPの作り方[紳士服編]

 

売り上げが伸びるPOPの作り方[紳士服編] 目次

 

CHAPTER1 テーマが絞られているか
改善例1:コート
改善例2:ワイシャツ
改善例3:ベルト
改善例4:トラベルスタイル
良い例1:ダウンコート
良い例2:紳士靴
良い例3:鞄
良い例4:鞄

 

CHAPTER2 伝えるべきことを伝えているか
改善例1:スポーツ
改善例2:紳士セーター 
良い例1:ネクタイ
良い例2:コート

 

CHAPTER3 タイトルと説明文に整合性があるか
改善例1:スポーツ
改善例2:パンツ
良い例1:ベルト
良い例2:マフラー

 

CHAPTER4 売上に結びつくPOPの作り方 
1.伝えたい情報を整理する
2.距離に応じて伝えたい情報を決める

 


売り上げが伸びるPOPの作り方[婦人服編]

 

売り上げが伸びるPOPの作り方[婦人服編]目次

 

CHAPTER1 テーマが絞られているか
改善例1:ブランドテーマ
改善例2:オリジナルプリント
改善例3:母の日パジャマフェア
改善例4:ワンピース&スカート
良い例1:婦人肌着
良い例2:ジーンズ
良い例3:コート
良い例4:パンツ

 

CHAPTER2 伝えるべきことを伝えているか
改善例1:ブランドテーマ
改善例2:ワンピース
良い例1:パンツ
良い例2:デニム素材

 

CHAPTER3 タイトルと説明文に整合性があるか
改善例1:ブランド提案 
改善例2:ブランドテーマ 
良い例1:婦人肌着
良い例2:パンツ

 

CHAPTER4 売上に結びつくPOPの作り方 
1.伝えたい情報を整理する
2.距離に応じて伝えたい情報を決める

 

アマゾンで購入できます


売り上げが伸びるPOPの作り方[婦人服飾雑貨編]

 

売り上げが伸びるPOPの作り方[婦人服飾雑貨編]目次
 

CHAPTER1 テーマが絞られているか
改善例1:婦人靴
改善例2:ハンドバッグ
改善例3:シーズン雑貨
改善例4:シーズン雑貨
良い例1:婦人靴
良い例2:シーズン雑貨
良い例3:婦人靴
良い例4:ハンドバッグ

 

CHAPTER2 伝えるべきことを伝えているか
改善例1:婦人靴
改善例2:シーズン雑貨
良い例1:婦人靴
良い例2:シーズン雑貨

 

CHAPTER3 タイトルと説明文に整合性があるか
改善例1:シーズン雑貨
改善例2:婦人靴
良い例1:婦人靴
良い例2:シーズン雑貨

 

CHAPTER4 売上に結びつくPOPの作り方 
1.伝えたい情報を整理する
2.距離に応じて伝えたい情報を決める

 

アマゾンで購入できます。

POPは 見た目よりことば

 

POPは 見た目よりことば  目次

 

CHAPTER1 売れるPOPの原則を知る 
1.POPの数を適正にする
2.内容を一瞬で知らせる
3.お客様の関心の強さに合わせて絞り込む
4.誰にでも伝わる言葉で表現する
 1)伝わらないPOP5つの例
 2)伝わるPOP5つの例
5.商品と連動する
6.色やサイズなどに統一性をもたせる
 1)プライスカードのサイズの一例
 2)プライスカードの文字のサイズの一例
7.文字の大きさと文字数に配慮する
8.意味のないPOPは設置しない
 1)読まれないPOP
 2)お店のイメージダウンになるPOP

CHAPTER2 売上を伸ばすPOPにはルールがある 
1.キャンペーンPOPのルールを決める
 キャンペーンPOPの目的、内容、お客様との距離、設置場所、サイズを決める
 1)キャンペーンPOPのルールを決める手順
 2)キャンペーンPOPのルール一例
2.ショーカードのルールを決める
 ショーカードの目的、内容、お客様との距離、設置場所、サイズを決める
 1)ショーカードのルールを決める手順
 2)ショーカードのルール一例
3.プライスカードのルールを決める
 プライスカードの目的、内容、お客様との距離、設置場所、サイズを決める
 1)プライスカードのルールを決める手順
 2)プライスカードのルール一例
4.セールPOPのルールを決める
 セールPOPのルール一例

CHAPTER3 売上を伸ばすPOP作成の手順 
1.売りたい商品を決めて情報を集める
2.伝えたいことを決める
3.優先順位をつける

CHAPTER4 距離に合った相応しい内容にする 
1.名水コーヒーゼリーの3つのPOP
 1)3m離れた人にキャンペーンPOPで伝える
 2)1m離れた人にショーカードで伝える
 3)30センチ離れた人にプライスカードで伝える
2.女性用ビジネスバッグの3つのPOP
 1)3m離れた人にキャンペーンPOPで伝える
 2)1m離れた人にショーカードで伝える
 3)30センチ離れた人にプライスカードで伝える

 

アマゾンで購入できます。

MDプランの基準を変えて業績を伸ばす

 

MDプランの基準を変えて業績を伸ばす 目次

 

CHAPTER1  ターゲットを決めて品揃えに一貫性を持たせる
1.MDとはターゲットが満足する品揃えを実現すること 
2.ターゲットその1 エイジ  
3.ターゲットその2 グレード  
4.ターゲットその3 テイスト   
5.ターゲット設定の一例    

CHAPTER2  品揃えをニーズに合わせる
1. 分類を決めてMDプランを作成する    
2.分類とMDプランが完成するとデータが欲しくなる 
3.科学重視の店舗運営と感性重視の店舗運営 
4.プライスゾーン・プライスライン  
5.型数を決めると品揃えのイメージが湧く 
6.展開はブランド別でもMDは単品レベルまで押さえる 

CHAPTER3  現状の品揃えの改善
1.売上シェアと在庫シェアの比較検証 
2.アイテムの中身の見直し
3.現在庫と売上データから導く未来の中身

CHAPTER4  バイヤーが作成するべきMDプラン1〜10
1.基本方針
 MDプラン1.基本方針 
2.商品政策 
 MDプラン2.商品政策
3.6ヶ月商品計画
 MDプラン3.6ヶ月商品計画 
4.予算と型数 
 MDプラン4:分類別売上予算
 MDプラン5:アイテム別型数
 MDプラン6:関心度別型数
 MDプラン7:プライス別型数
5.VMDとの連動 
 MDプラン8:MDと連動したIPプラン
 MDプラン9:MDと連動したVPプラン
 MDプラン10:プロモーション
アマゾンで購入できます
MDプランの基準を変えて業績を伸ばす: 業績不振を打開する特効薬はMD

お店の分類を一新して業績を伸ばす

 
CHAPTER1 分類の基本
1.分類とは
2. 科学的な店舗運営に分類は必須   
3.3つの商品分類と展開分類                  
4.商品分類とMD商品分類
5.使用する分類基準・使用しない分類基準 
6.大・中・小分類

CHAPTER2 分類の決め方
1.分類の基準と分類名の関係を理解できれば正しく分類できる
2.商品分類の決定には3つの視点がある
3.売上シェアの偏りと戦略的な操作で分類基準は1つに限定しない  
4.分類の決定には5つの法則がある  

CHAPTER3 分類の違いがもたらす業績の差
1.婦人セーターを売るA店とB店の分類の違い
2.分類の違いがもたらす修正のレベルの違い
3.A店とB店の対策の違い 
4.より緻密なC店の対策   
5.A店、B店、C店の違い 
CHAPTER4 Q&A集
1.そもそもMD(マーチャンダイジング)とは?
2.MDとVMDとはどう違うのか?
3.現在のデータを利用して売場作りとMDに活かしたい。その進め方は?
4.上司が感性で決めているブランドの選定をルール化したい
5.ブランドのスクラップ&ビルドの際の留意点とは?
6.メンズショップの大分類が「カジュアル」と「トラッド」、正しいか?
7.分類が「ビジネス・カジュアル・先端ファッション」。これを解説してほしい
8.MDバランスを様々な切り口で決めると何故欠落商品が少なくなるのか?

CHAPTER5 用語解説
1.グレード 
2.テイスト
3.オケージョン
4.単品・コーディネート
5.アイテム・スタイル・デザイン

CHAPTER6 業績が不振なときの2つの対策
1.基本を深く理解する
2.知らない基本は謙虚に学ぶ 

アマゾンで購入できます

【お店の分類を一新して業績を伸ばす 分類を制するものMDを制する】


売り上げが伸びるお店の作り方

 

売れる店作りの習得に最適な1冊、写真もビフォーアフターの事例も多数掲載!


小売店はターゲットを引きつけ、リピーターを増やすことができれば、売り上げは伸びます。では、そのためにどうしたら良いのでしょう。その問いの答えが本書にあります。売り上げを上げるために欠かせない”品揃え情報の伝え方””テーマの設定の仕方””好かれるお店の作り方””売れるディスプレーの作り方””売れるPOPの作り方”等について分かりやすく解説しました。そして具体的にイメージしやすいように写真を92点、イラストを28点、理解を深めるためのビフォーアフターの事例も23点載せました。「VMDのレベルチェック10の設問」の解答も確認できます。本書は売れる店作りの習得に最適な1冊です。
 
 

売り上げが伸びるお店の作り方 目次

 

※下記の●は実例写真有り
Chapter1 立ち寄るお客様を増やすために
1)きれいな印象を与えて中身を伝える
1.きれいな印象を与えるために、目に入る色に統一感を持たせる
●目に入る色を統一した例1
●目に入る色を統一した例2
●目に入る色を統一した例3
●色を統一したビフォーアフターの例
2.中身を伝えるためにテーマを絞る
●テーマを絞ったビフォーアフターの例1
●テーマを絞ったビフォーアフターの例2
2)ディスプレーを設置する
●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
●ビフォーアフターの例3
●ビフォーアフターの例4
3)魅力的な壁面で引き付ける
●魅力のない壁面の例
●魅力的な壁面の例1
●魅力的な壁面の例2
●魅力的な壁面の例3
●魅力的な壁面の例4
●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
●ビフォーアフターの例3

Chapter2 リピーターを増やすために
1)分類が明確で分かりやすいと好かれる
1.分類とは?
2.分類は分類基準に優先順位をつけて決める
3.分類表示で欲しい商品の居所を知らせる
2)まとめ方が分かりやすくて美しいと好かれる
●まとめ方がわかりやすくて美しい例1
●まとめ方がわかりやすくて美しい例2
●まとめ方がわかりやすくて美しい例3
●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
3)ディスプレーが美しいと好かれる
●目に入る色が絞られて美しい例
●原則通りに作られた美しいディスプレー1
●原則通りに作られた美しいディスプレー2
●原則通りに作られた美しいディスプレー3
●原則通りに作られた美しいディスプレー4
●ビフォーアフターの例
4)POPの中身が的確で分かりやすいと好かれる
POPの良い例
改善が必要なPOPの例
5)多すぎると嫌われる
1.商品が多いとお客様の居心地が悪くなるので嫌われる
●お客様の居心地を悪くしている例1
●お客様の居心地を悪くしている例2
●お客様の居心地を良くしている例
2.ディスプレーが多くても嫌われる
●多すぎるのでごちゃごちゃ感を与えるディスプレーの例
3.商品が適量だと好かれる
●商品を適量にして空間を確保した例1
●商品を適量にして空間を確保した例2
●商品を適量にして空間を確保した例3
●商品を適量にして空間を確保した例4
4.適量に改善したビフォーアフター
●什器を減らしたビフォーアフター1
●什器を減らしたビフォーアフター2
●ディスプレーを減らしたビフォーアフター
6)POPが汚いと嫌われる
●POPを設置して汚くなった例1
●POPを設置して汚くなった例2
●POPを設置して汚くなった例3
7)余計なものが目に入ると嫌われる
1.通路のダンボールは嫌われる
●ダンボールなど余計なものが目に入る例1
●ダンボールなど余計なものが目に入る例2
2.カウンター内の余計なものも嫌われる
●メモなどが目に入るカウンター回りの例
●ビフォーアフターの例
●カウンター回りがキレイな例

Chapter3 テーマを伝えるために
1)品揃えの一部だけでも伝えようと考える
1.品揃えの一部をディスプレーで伝える
●ビフォーアフターの例
2.品揃えの一部をPOPで伝える
POPで伝える例1
POPで伝える例2
POPで伝える例3
POPで伝える例4
2)代表商品を伝える売場作り
1.該当商品を売場前面のディスプレーで見せる
該当商品をディスプレーで見せている例
2.該当商品を前面に集めて固まりで存在感を強めてアピールする
該当商品を前面に集めてアピールしている例
3)伝えるために並べ方のルールを決める
1.定量
2.色の順番
3.サイズの順番

Chapter4 ディスプレーの原則とは
1)商品選定の原則1
●統一性の原則に基づいた例1
●統一性の原則に基づいた例2
●統一性の原則に基づいた例3
●統一したビフォーアフターの例1
●統一したビフォーアフターの例2
2)商品選定の原則2
1.旬で在庫が豊富な商品が飾られている
2.色に統一性がある
3.アイテムに統一性がある
4.価格が中心価格以下
3)構成の原則
1.安心感を与えてゆっくり見てもらう原則のトライアングル、シンメトリー
●トライアングルの例1
●トライアングルの例2
●シンメトリーの例1
●シンメトリーの例2
●シンメトリーの例3
●シンメトリーの例4
2.強く印象づける原則のリピート
●リピートの例1
●リピートの例2
3.目にしてもらうための構成
●クロスコーディネイションの例1
●クロスコーディネイションの例2
●タイトの例1
●タイトの例2
4.売り上げに結びつける構成
●売り上げに結びつける構成の例1
●売り上げに結びつける構成の例2
●売り上げに結びつける構成の例3
4)VMDとは

Chapter5 VMDレベルチェック10の設問と解答
1)コートを売りたいとき
2)パンツを売りたいとき
3)分類について
4)改善ポイント1
5)改善ポイント2
6)科学と感性
7)仮説を立てる
8)テーマの設定
9)売り上げに結びつくPOPの作り方1
10)売り上げに結びつくPOPの作り方2
※上記●は実例写真
アマゾンで購入できます
 【売り上げが伸びるお店の作り方 「伝える」ことが繁盛店を作る】

電子書籍のご要望をお聞かせください

ショーアンドテルの電子書籍、VMDシリーズNo.1が間もなく発売されますが、今後のショーアンドテルの電子書籍についてご要望・ご意見をお聞かせ下さい。

 

ショーアンドテルには長年に渡り蓄積してきた膨大な資料があります。それらを電子書籍として公表していくことにしました。VMDシリーズNo.1の後もNo.2、No.3と続き、MDシリーズ、POPシリーズも出していく予定です。

 

そこで、今後出版する本の内容は皆さんのご要望を反映させたものにしていきたいと思います。内容だけではなく、タイトルや表紙画像なども候補を絞った段階で、皆さんのご意見を頂戴しながら決めていくことができれば楽しいのではと思います。もしご興味をお持ちになり、参加しても良いとお思いの方はこちらのページよりお申し込み下さい。

 

こちらからお願い致します。
 
[ご要望・お問い合わせフォーム]をご覧いただき、以下の5項目よりお選び下さい。

 

1.新刊のタイトルや表紙画像の選考に参加したい
2.新刊の内容に要望がある(POP、VMD、MDに関するご要望)
3.新刊、無料レポートなどSHOW&TELLからの情報が欲しい
4.掲載・取材に関するお問い合わせ
5.その他のご要望・お問い合わせ

 

通信欄もありますが、特になければ空欄のままで結構です。

 

ショーアンドテルの電子書籍は皆さんと共に作り上げていきたいと思っており、皆様のご参加をお待ちしております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM