【設問です】

今回はある質問を設定しましたので、
回答のご協力をお願いしたいと思います。

5月25日、26日にPOP講習を開催致しました。
皆さんとても熱心に聴講され、
講師としても楽しくできました。

1つ気になったこと、
それはPOP講習の実習で
皆さんがとても苦労された
情報の整理です。

売りたい商品の情報を集めて
それらの中から
どの段階で何をアピールしたら
立寄率、視認率を上げることができるかを
考えて整理します。

このことはPOPで売上を伸ばすためには
とても重要なことなので、
課題を用意しました。
しかし完成させた方は少数派でした。


こちらの伝え方にも問題があるのかも
知れません。

果たして解ける人はどのくらいいるのか?
解いたとしたらそのためにかかった時間は?
解けなかったとしたら何が難しいのか?
今後の課題として考えたいと思います。

解けた人は回答を、苦労した人は感想を
お聞かせ下さい。

回答、感想を送って下さった方には、
先日の講習の特典として贈呈した
「POPのビフォー・アフター事例集」
の一部を差し上げます。

ここは受講者が相当悩まれたところです。
奮ってご応募ください。


問題掲載のサイトはこちらです。

是非チャレンジしてみてください。
皆さんの回答と感想をお待ちしております。


嫌われるPOP

お客様に嫌われるPOPとはどのようなものか、

2つ挙げます。


1.読む気がしないPOP

2.読もうと思っても読めないPOP

 

読む気がしないPOPとは


A:POPだらけで読む気がしない

B:文字が多くて読む気がしない

C:文字が汚くて読む気がしない

 

読もうと思っても読めないPOPは


D:文字が小さくて読むことができない

E:文字数が多すぎて、読むのに時間が

 かかるので読めない

F:POPが商品やPOPの陰になって

 いて読めない。

 

A〜Fの対策です。


A:POPの数量をルール化します。


B:文字数をPOP1つにつき30〜40文字

 程度に抑えます。


C:手書きの場合は丁寧に、パソコンの場合

 はルールを決めます。


D:文字数にルールを設けると文字のサイズ

 も適正になります。


E:文字数にルールを設けることで解決

 できます。

F:商品量を適正にして、POPの設置数に

 ルールを設けます。

 


POPで嫌われないためには

基本原則を知り、ルールを決める

などの配慮が必要ということです。
 

POPの講習


数回に渡りPOPのノウハウをご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか。


7月のストアクリニック協会のPOPのセミナーでは
テクニックを知りセンスを磨くのではなく、
POPの内容が伝わる仕組みを学びます。


記載内容を的確にし、効率的に商品特性を伝えることができる
ようになるので、POPで売り上げを伸ばすことが可能になります。


7月11日(木)10:00〜17:00に受講頂ける
ストアクリニックマスターPOP3級の講習内容の一部を
ご案内致します。


セミナーでは「売り上げに貢献するPOPとは」を
テーマに
。丕錬个慮饗Г陵解
■丕錬个離襦璽覯州狭猝椶鮹里
N匹ぃ丕錬弌ΠいPOP
これらを実例写真を下に学びます。

POP作成の実習では、目を向けた一瞬で伝わるPOPを作成します。


ある商品についての情報の中から着目すべき点を見つけ、
各自テーマを設定してもらいます。
演習をこなすことで、講習で得た知識がすぐに身につきます。 


お申込み、お問い合わせはこちらから
お願いいたします。
皆様のお申し込みをお待ちしております☆


また、7月10日(水)はVMD3級、
7月11日(木)はMD3級
を開講いたします。

詳細はホームページ をご覧ください。



POP作成のポイント


POPを作成する上でのポイントは、
,客様に見てもらい、読んでもらうように作ること
⊂霾鵑伝わり理解され、売り上げに貢献する内容にすること
です。


まず、見てもらい、読んでもらうためには体裁を整えます。
そのためには用紙の色やサイズ、レイアウト、設置場所など、
それぞれルールを決めることが必須です。


次にPOPを売り上げに結びつけるためには、
記載内容が見る人にとって的確で
魅力的であるか否かがポイントです。


見た目の可愛らしさや
遊び心のあるPOPをたくさん貼れば、
売り上げが伸びるかというと、
そうではありません。


  − * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。

普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。

多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。



POPの内容を伝えるために


POPに目を向けた一瞬で内容を伝えるためには
分かりやすく簡潔なタイトルにします。
読んでもらえるのは15秒足らずです。


業界人にしか通用しないような専門用語、
分かったような分からないような英語などは
使わないようにします。


15秒で読める文字数は70文字程度ですが、
タイトルもあるので説明文は50文字が限界です。


文字のサイズも考慮し、
確実に読んでもらえる文字数は
30〜40文字
だと思うと良いでしょう。


  − * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。

普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。

多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。



POP作成の手順


POP作成の手順は

‥舛┐襪海箸魴茲瓩
▲織ぅ肇襦説明文を考える
9柔、文字の色などはルールに従う

です。


POPは手書きでもパソコンでも作成できます。


どちらが良いとは言えませんが、
手書きの長所は親しみが湧くこと、
短所は人により上手い、下手があり、差が出ることです。


パソコンは親近感に欠けますが、
誰が作っても同一レベルの物ができます。


いずれにしても、上記のの構成、色などは
ルールを決めれば、人により差が出ないので、
克服すべきは ↓△任后


 − * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。

普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。

多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。



テーマ設定の切り口


前回、POPの記載内容を考える際には
テーマの設定をすると述べました。


テーマ設定の切り口は、いろいろ考えられます。


トレンド、
歳時記・行事、
場所・地域、
アイテム、
ブランド、
素材、
デザイン、
柄、
機能、
カラー、
価格、
コーディネート等。


食品なら、
産地、
食材のこだわり、
詰め合わせ等
もあります。


テーマはこれらと品揃えの両面から決めます。
品揃えとは主力商品、強調商品、トレンド商品です。 


− * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。

普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。

多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。



POPの記載内容


今回は、POPの記載内容について解説します。
以前に述べた通り、記載内容は売り上げを大きく左右します。


読む人に、確実に情報を伝えるためには
最低限、大きなテーマ、それを少し絞ったテーマ、
さらに絞ったテーマの3つを設定するようにします。


例えば、3m離れたお客様に「母の日ギフト」
という大きなテーマを目にしてもらい、
母の日のプレゼントはお決まりですか?とお知らせします。


そして1m先のお客様に母の日ギフトの中で
「花柄のエプロン」という
少し絞ったテーマを伝えます。


さらに興味を持って近づいて来た30cm先のお客様に
「Aブランド」「3,000円」
というさらに絞ったテーマである、
ブランド名と価格をお知らせします。


このように
お客様との距離に見合った情報を
発信することで、お客様の興味を引き、
購買意欲を掻き立てることができます。


次回は、「テーマの設定」についての
お話です。 


− * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。

■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。

普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。

多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。




良いPOP・悪いPOP


良いPOPとは伝えたいことが分かりやすく書かれ、
読んでもらえるPOPです。

そのために、POPの色やサイズ、文字の色やサイズ、
そして余白のある構成など原則と
ルールに基づいて作ります。


悪いPOPとは読む気の起きないPOP、
中身がよく分からないPOP、汚いPOPです。
ルールが決まっていないと、全体を見た時に
雑然とした印象を持つPOPになってしまいます。
また、決まったルールがあるのにそれを守らないと
読みにくくなります。


以下の項目のルールを設けると、
読んでもらえるPOPに近づきます。


【POPのルール化6項目】


 ベース(紙)の色、文字の色を決める。
 文字の色は通常2〜3色。

▲汽ぅ
 縦、横のサイズを決める。 

I佞韻覦銘
 商品の左、什器の上など設置する場所にも
 ルールを決める。

ど佞永
 付けるための器具を決める。

ゥ譽ぅ▲Ε
 POPの構成、プライスカードなら
 価格は下、右など。

ι佞韻訖量
 POPが多すぎても見てもらえないので
 数量をルール化する。 

− * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。

■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。
普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。
多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。




POPの原則


POPとは
Point Of Purchase Advertising の略で、
直訳すると購買時点広告のことです。


プライスカード、ショーカード、
キャンペーンパネル、ブランドサイン、
分類表示、値札など全てを指します。


POPには守るべき原則があります。


,客様の知りたいことが書かれていること
お客様の知りたい情報が
適正な場所で発信されていることが大切です。
1m離れたお客様にはそれに相応しい情報が載っていて、
読める状態になっていますか?


内容を一瞬でお知らせできること
人間が一箇所に目を向ける時間は短く、
読んでもらえる文字数には限界があります。
発信したい情報が沢山あったとしても、
欲張らずに絞りましょう。
一瞬でお知らせできなければ伝わらないと考えるべきです。


ルールに基づいて作成されていること
ルールがないと個人の感性に頼る部分が多くなり、
色やサイズ、設置場所などに統一性がなくなり、
イメージを落としてしまいます。


− * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。

■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。
普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。
多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。




 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM