小売にもレシピの導入を

-------------------------------------------------------------------------------
◆1.料理のレシピ
-------------------------------------------------------------------------------
料理にはレシピがあります。豚肉を細切れにする、ピーマンを一口大に切る、
塩・胡椒を少々などのレシピが料理にはあります。
料理のプロが試行錯誤した結果到達したものがレシピですから、これは科学
と言えます。
料理は、科学のレシピを用い、それに作る人の感性、技術、経験が加わり
でき上がります。

-------------------------------------------------------------------------------
◆2.レシピのない料理
-------------------------------------------------------------------------------
素人の方が、何かを料理するとします。その際レシピを見なければ、今まで
に食べたものを思いだしながら材料と調味料を決めて、勘で調理します。
作る人の感性のみがたよりです。おいしいものができるかも知れませんが、
できないかも知れません。大変リスクが高いと言えます。

-------------------------------------------------------------------------------
◆3.レシピのない店舗経営は失敗の可能性が高い
-------------------------------------------------------------------------------
料理の場合は失敗しても捨てればすみますが、店舗経営の場合は失敗すれば
倒産します。
レシピがないままデザイナーの感性と経験でお店を作り、できあがったお店
も勘と感性のみで運営するとどうなるでしょう。
小売業にも科学的な発想が必要です。まず科学の部分(レシピ)を理解し、
次に感性を発揮するという手順を踏みましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
◆4.料理も店舗経営もレシピで合理的かつ効率的に
-------------------------------------------------------------------------------
料理に全く素人の方が、0から経験を重ね自分なりのノウハウを得るという
のも一つのやり方ですが、料理のプロが経験により導き出したレシピを使う
方が、時間も労力も節約できはるかに合理的です。

料理も小売業も同じです。小売にも流通先進国米国で色々試された結果
ベストと判断されたルール(レシピ)があります。
「店舗改装」にも「MD」にも「VMD」にもルールがあります。

-------------------------------------------------------------------------------
◆5.日本の小売はレシピがなく勘と経験による運営
-------------------------------------------------------------------------------
日本の小売業の場合、このレシピを飛び超えて、感性と経験のみで運営され
ているのが実体です。
小売のレシピを無視して、分かり易い売場、買い易い売場、そして売上の
上がる売場の実現は不可能です。
売り上げが伸びるお店の作り方について
具体的に詳しく解説した本があります。
是非一度ご覧下さい。税込500円で販売中です。
『売り上げが伸びるお店の作り方 [伝える]ことが繁盛店を作る』
⇒ https://amzn.to/2LMJTmB

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■◇■「売り上げが伸びるお店の作り方」を解説した電子書籍のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『伝え方が9割』というベストセラー本があります。
2013年に出版され、2015年に第2弾、2017年1月に漫画化され、
シリーズ112万部という大ベストセラーです。

著者の佐々木圭一さんは現在コピーライターとして、
また作詞家としても活躍されている方ですが、
大手広告代理店に入社後コピーライターの部署に配属されたもの
の、書いても書いても全てボツ、そういう状態が続きます。

そんなあるとき、伝え方には技術や共通のルールがあり、
そして伝え方で人生が変わることを発見します。
それを綴ったのが『伝え方が9割』です。

「伝え方」に関心のある人が多い証と思いますが、
小売業も同じで、伝え方には技術やルールがあります。
それはとても重要なことで、伝え方次第で業績が変わる
といっても過言ではありません。

では、そのためにどうしたら良いのでしょう。
その問いの答えが本書にあります。

売り上げを上げるために欠かせない
”伝え方””テーマの設定の仕方”
について分かりやすく解説しました。

そして具体的にイメージしやすいように写真を92点、イラストを28点、
理解を深めるためのビフォーアフターの事例も23点載せました。
「VMDのレベルチェック10の設問」の解答も確認できます。
本書は売れる店作りの習得に最適な1冊です。
⇒ https://amzn.to/2LMJTmB

小売のノウハウを公開

売り上げを伸ばす小売のノウハウを公開中です。


無料で学べるビデオ講座です。

VMD、POP、MDを分かりやすく解説しています。

→ https://www.youtube.com/channel/UCUGsx-aCuu_zj2Y__89vVrA



■VMD編1  VMDで最も重要なこと

→ http://youtu.be/y8VyR3qbmds

VMDで最も重要なことは売れる売り場を作ること。

このビデオを見ることで売れる売り場とは何かが分かるようになります。


■POP編1  売り上げに貢献するPOPの作り方

→ http://youtu.be/VwU37jhdiNI

売り上げに貢献するPOPの作り方の概要についてです。

画期的なPOP作成の工程をご紹介します。


■MD編1  MDプランをイメージする

→ http://youtu.be/7L4VZVeAugY

業績回復、売上向上の特効薬MDプランの精度を上げることです。

MDプランの具体的例を見ることで、MDプランをイメージできます。


立ち寄るお客様を増やす、
商品をたくさん見てもらう、
売り上げに貢献するPOPを作成する、
需要に合った品揃えに改善する、
これらのノウハウは全て現場で培ったものです。

是非ご覧ください。


VMDの独自ノウハウ


********お知らせ***************

『VMD12か月の対策−月ごとに注目すべきVMD−』
題した冊子を無料でプレゼントしております。
ご興味のある方はこちらをご覧ください。

***************************


VMDのノウハウで売り場改善を行い、

客数を増やし、売り上げを伸ばすことは十分可能です。

そのためのノウハウをご紹介します。



○品揃え情報を伝えるためにテーマを決める

品揃え情報を伝えるノウハウとして

「テーマの設定」があります。

伝えたい情報はたくさんあるけれど、

伝えることは容易ではありません。


欲張らずに”テーマを絞る”ことで

やっと伝わります。



○テーマは商品、POPを使って伝える

決めたテーマは商品を使って伝える方法と

POPを使って伝える方法があります。

商品を使う方法は2つあります。

1.ディスプレーに飾って視認性を高める。

2.該当商品を前面に集めて、固まりで存在感を高める。

これらを同時に行うこともあります。



○テーマの切り口と優先順位

テーマを決める際にはテーマの切り口と

アピールしたいことを整理し、優先順位をつけます。

詳しくはこちら



○商品選定の原則と構成の原則

ディスプレーに使用する商品はテーマに該当し、

在庫が豊富で低価格、

そして新鮮な商品を選ぶようにします。


選定した商品を使って、

視認してもらう構成(タイト、クロスコーディネーション)、

安心感を与える構成(トライアングル、シンメトリー)、

印象づける構成(リピート)

にします。

以前は、VMDの5原則(シンプル、クリーン、

シンメトリー、トライアングル、リピテーション)、

VP・PPの9原則(統一性、中心価格以下、

すぐそばに置く、在庫のある商品を飾る、

売りたい商品を飾る、クロスコーディネーション、

タイト、プライスカードをつける)としていましたが、

上記のように進化させました。



○改善前後の事例をもとに考え、理解を深める

改善前後の事例をもとに「どう改善されたか」、

「自分なら改善後をさらにどう改善するか」を考え、

売場作りの理解を深めます。



○商品とPOP以外は見せない

お客様に見てほしいものは、「商品」と「POPの内容」です。

それ以外のものは全て余計です。

商品とPOPの視認性を高めるためには、

余計なものが目に入らないようにすることです。

お客様に伝えるということは容易ではないのに、

余計なものがあることで、伝達度合いは

ますます低くなります。



○自分たちの都合を優先させない

段ボールの放置やカウンター回りの雑然とした状態の要因は

売場のスタッフがお客様の快適さや売場のイメージ、

売り上げよりも自分たちの都合や便利さを優先するからです。

お客様目線で考えるとこのような現象は起こりません。


SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 

 


小売の科学2


今回も小売の科学の独自ノウハウをご紹介します。

VMDの独自ノウハウはこちら


○科学と感性に分けて仮説を立てる

ある事象をとらえて「科学」と「感性」に分ける。

感性の一部に着目して仮説とすることで、

ノウハウが取得できる。

そして科学の1つである原則を細分化して

仮説を立てることでも、ノウハウが取得できる。




「『感性』と『原則』に仮説を立てる」
2008年9月9日の繊研新聞に掲載されました。




○小売の科学の3つの欠落

売り上げ不振の対応策を挙げたい。

本来できているはずの「科学」の部分で欠落していることが3つある。

それは、

(類が不明確

■唯張廛薀鵑虜櫃坊真瑤魴茲瓩蕕譴覆

2樟發領て方を知らない

この3点を克服できれば、売り上げ不振から脱却できる。



「小売り科学の三つの欠落ー分類・型数・仮説」
2008年12月2日の繊研新聞に掲載されました。


○不振時には基本を理解し、基本ができない理由を知る

業績が不振の時には、できていない基本を根本から学習し、

深く理解すること。

そして嫌なことでもやるべきことは逃げずに実行すること。

知識をうやむやにする、やるべきことを逃げてやり過ごす、

そういうレベルではもう戦えない。





「確実に深く真の意味を会得」
2009年3月3日の繊研新聞に掲載されました。


SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 


小売の科学1

 
今回から小売の科学の独自ノウハウをご紹介します。

VMDの独自ノウハウはこちら



○情報は基本的に伝わらないと考える

会社設立当初から主張しているが、

発信している情報は基本的に伝わらないと考えるべき。



○3つの小売の科学

小売の科学には、

|もが実施すべき基本原則

会社が定めたルール

2樟發噺‐擇覇世真靴燭淵離Ε魯

の3つがある。



○科学は全員が守り、感性は決め方を決める

感性に絶対はないので決め方を決めることで解決できる。

決め方には、

\嫻ぜ圓決める

多数決で決める

専門家が決める

の3つの方法がある。





「小売りは科学9割、感性1割」
2008年6月3日の繊研新聞に掲載されました。


SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 


MDの独自ノウハウ

 
今までにも提唱してきたノウハウは多数ありますが

実務を通して新たに得たノウハウや整理できたノウハウを

広めたいと思っています。

共感してくださる方々と共に広めていけたら…と

考えています。

今回はMDの独自ノウハウの一部をご紹介します。

VMDの独自ノウハウはこちら



◇MD(マーチャンダイジング)

MDのノウハウで品揃えの改善を行い、

売り上げを伸ばすことが可能です。



○分類には3つの「商品分類」と「展開分類」がある

重要なのに誤解されやすい分類についての記事が、

2012年7月3日の繊研新聞に掲載されました。





○型数を決めると品揃えのイメージが湧く

型数を決める理由は…

仮に型数のプランがなければ、

「無地が金額で240万円・数量で480枚、

柄が金額で80万円・数量で160枚」などと

なります。


このように金額、数量で振り分けるのと、

「無地30型、柄10型」と振り分けるのとを

比較すると、型数でとらえる方が

バリエーションのイメージがしやすいのです。



さて、セーターがあります。

色は3色、

サイズは4サイズ、

これら各1枚ずつ用意すると12枚です。

さて、この12枚は何型でしょう?



全部が1型となるのか、

12枚だから12型なのか、

3色だから3型なのか、

4サイズだから4型なのでしょうか?




では、赤ワインのボトルが2本あります。

1つはフルボトル、

もう1つはハーフボトルです。

この2本は1型でしょうか?

それとも2型でしょうか?




 SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 


POPの独自ノウハウ


今までにも提唱してきたノウハウは多数ありますが

実務を通して新たに得たノウハウや整理できたノウハウを

広めたいと思っています。

共感してくださる方々と共に広めていけたら…と

考えています。

今回はPOPの独自ノウハウの一部をご紹介します。

前回公開したVMDの独自ノウハウはこちら




◇POP

POPの記載内容を改善して、

買上率を高め、売り上げを伸ばすことは

十分可能です。



○POPを見てもらうためには「ルール」を決める

POPを見てもらい、読んでもらうためには

お客様とPOPとの距離を考慮した

文字のサイズであること、そして

体裁を整えることです。


体裁を整えるためには用紙の色やサイズ、

文字の色や字体、

レイアウト、

設置場所、

数量などをルール化します。



○重要なのは記載内容

売り上げに結びつけるためには、

記載内容が的確で魅力的であるかどうかがポイントです。

テーマを明確にし、

お客様との距離を意識した記載内容にします。



○テーマに優先順位をつける

テーマを切り口と内容に分けて、

切り口に優先順位をつけることで、

何を一番伝えたいか、

二番目には何かが明確になります。


例えば、テーマの切り口が「ファッショントレンド」、

伝えたいテーマの内容は「マリン」などとなります。

何を優先すべきかは「切り口」を明確にすると

容易に判断がつきます。



○距離に見合った記載内容にする


お客様はPOPを5m先から見る場合もあれば

1m先から見ることもあります。


その距離に見合った情報を発信することで

購入に結びつきます。


3〜5m先の所では

メインテーマを伝えて入店を促します。


1m先では商品特性を伝えて

立ち止まらせます。


30cm先では価格を知らせます。

このように距離に応じた的確な記載内容に

することで売り上げに貢献するPOPになります。



○売り上げに貢献するPOPの作り方とは

売り上げに貢献するPOPの作り方についての記事が、

2013年6月17日の繊研新聞に掲載されました。





SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 


ショーアンドテルの独自ノウハウ


今までにも提唱してきたノウハウは多数ありますが

実務を通して新たに得たノウハウや整理できたノウハウを

広めたいと思っています。

共感してくださる方々と共に広めていけたら…と

考えています。


◇VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)


VMDのノウハウで売り場改善を行い、

客数を増やし、売り上げを伸ばすことは十分可能です。

そのためのノウハウをご紹介します。



○品揃え情報を伝えるためにテーマを決める

品揃え情報を伝えるノウハウとして

「テーマの設定」があります。

伝えたい情報はたくさんあるけれど、

伝えることは容易ではありません。


欲張らずに”テーマを絞る”ことで

やっと伝わります。



○テーマは商品、POPを使って伝える

決めたテーマは商品を使って伝える方法と

POPを使って伝える方法があります。

商品を使う方法は2つあります。

1.ディスプレーに飾って視認性を高める。

2.該当商品を前面に集めて、固まりで存在感を高める。

これらを同時に行うこともあります。



○テーマの切り口と優先順位

テーマを決める際にはテーマの切り口と

アピールしたいことを整理し、優先順位をつけます。

詳しくはこちら



○商品選定の原則と構成の原則

ディスプレーに使用する商品はテーマに該当し、

在庫が豊富で低価格、

そして新鮮な商品を選ぶようにします。


選定した商品を使って、

視認してもらう構成(タイト、クロスコーディネーション)、

安心感を与える構成(トライアングル、シンメトリー)、

印象づける構成(リピート)

にします。

以前は、VMDの5原則(シンプル、クリーン、

シンメトリー、トライアングル、リピテーション)、

VP・PPの9原則(統一性、中心価格以下、

すぐそばに置く、在庫のある商品を飾る、

売りたい商品を飾る、クロスコーディネーション、

タイト、プライスカードをつける)としていましたが、

上記のように進化させました。



○改善前後の事例をもとに考え、理解を深める

改善前後の事例をもとに「どう改善されたか」、

「自分なら改善後をさらにどう改善するか」を考え、

売場作りの理解を深めます。



○商品とPOP以外は見せない

お客様に見てほしいものは、「商品」と「POPの内容」です。

それ以外のものは全て余計です。

商品とPOPの視認性を高めるためには、

余計なものが目に入らないようにすることです。

お客様に伝えるということは容易ではないのに、

余計なものがあることで、伝達度合いは

ますます低くなります。



○自分たちの都合を優先させない

段ボールの放置やカウンター回りの雑然とした状態の要因は

売場のスタッフがお客様の快適さや売場のイメージ、

売り上げよりも自分たちの都合や便利さを優先するからです。

お客様目線で考えるとこのような現象は起こりません。


SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
メルマガ『旬を発信! 旬刊ファッションルポ』
ファッションに関する旬の情報を厳選してお届けします。
メルマガ購読・解除
旬を発信! 旬刊ファッションルポ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メルマガ『小売の一行マニュアル』
小売には先人が試行錯誤して築いたノウハウがあります。そのノウハウが満載のメルマガです。
メルマガ購読・解除
小売の一行マニュアル
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メルマガ『1から学ぶ店づくり』
MDやVMDの科学的なノウハウを1から学べます。
メルマガ購読・解除
1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メルマガ『小売りの勝ち組・負け組』
小売業の勝ち組と負け組は何が違うのか、本質的な差、小売業としての実力の違いに迫ります。
メルマガ購読・解除
小売りの勝ち組・負け組
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メルマガ『好かれるお店・嫌われるお店』
好かれるお店は繁盛します。繁盛店になるポイントを具体的に説明します。
メルマガ購読・解除
好かれるお店・嫌われるお店
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM