解答1


動画「VMD編6」の解答です


●お店のイメージダウンを避けるポイント

お客様が店頭で目にしたいのは
商品とPOPです。
それ以外はすべて不要なものなので
お客様の目に入らないようにします。


商品量が多くなると、イメージダウンに
つながる現象を引き起こします。

商品量が多いことのメリットは選択肢が
多いことです。

マイナスは通路を狭くして居心地を悪くして、
歩く意欲を減退させ、見られる商品点数も
減らします。

また、「ごちゃごちゃとしている」
という印象を与え、
お店のイメージを下げ、嫌われて
入店客数が減ります。



●小売の「科学と感性」

何事も「科学」と「感性」の部分とで
成り立っていますが、
ディスプレーも同じです。

ディスプレーの科学と感性とは
どのようなことでしょう。

科学には基本原則、ルール、仮説で得た
ノウハウの3つがあります。

ディスプレーの基本原則の一つに
「トライアングル」があります。

ディスプレーを作るとき、
結果としてトライアングルにするのは
科学ですが、トライアングルにも色々あり、
それは作った人自身の感性により異なります。

ディスプレーにはもちろん感性も重要ですが、
まず科学の部分の理解から始めることが
必要です。

ルールとは会社、お店が定めたもので
誰もが守らなければならないので、
個人の感性を発揮する余地はありません。
ですから「科学」と言えます。

何が正しいか分からないとき、
仮説を立てて試したところ
売り上げが一番良いパターンが
判明しました。
これは新たに得たノウハウで、「科学」です。

仮説の立て方はいくつかありますが
感性の一部を仮説にして検証することが
できます。

 

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM