<< 使用目的で分類する1 | main | 商品分類から展開分類への流れ >>

使用目的で分類する2

今回は商品そのものを分類するときの商品分類です。


商品そのものの分類も商品分類ということがあります。
例えば、セーターは、
糸で分けた梳毛・紡毛・単糸・双糸や、
染色で分けた後染・先染などになります。


パンツの商品分類は、シルエット別の
スリム・テーパード・ストレート・ベルボトム・
バギーなど、
丈別のフルレングス・ペダルプッシャー・バミューダ
などとなります。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM