<< POPの原則 | main | POPの記載内容 >>

良いPOP・悪いPOP


良いPOPとは伝えたいことが分かりやすく書かれ、
読んでもらえるPOPです。

そのために、POPの色やサイズ、文字の色やサイズ、
そして余白のある構成など原則と
ルールに基づいて作ります。


悪いPOPとは読む気の起きないPOP、
中身がよく分からないPOP、汚いPOPです。
ルールが決まっていないと、全体を見た時に
雑然とした印象を持つPOPになってしまいます。
また、決まったルールがあるのにそれを守らないと
読みにくくなります。


以下の項目のルールを設けると、
読んでもらえるPOPに近づきます。


【POPのルール化6項目】


 ベース(紙)の色、文字の色を決める。
 文字の色は通常2〜3色。

▲汽ぅ
 縦、横のサイズを決める。 

I佞韻覦銘
 商品の左、什器の上など設置する場所にも
 ルールを決める。

ど佞永
 付けるための器具を決める。

ゥ譽ぅ▲Ε
 POPの構成、プライスカードなら
 価格は下、右など。

ι佞韻訖量
 POPが多すぎても見てもらえないので
 数量をルール化する。 

− * − * − * − * − * − * − * − 

ストアクリニック協会のセミナーが
7月に東京会場で開催されます。

■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00
■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00
■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

詳細はホームページ をご覧ください。


■VMD3級 7月10日(水)10:00〜17:00

売れる売場、売れない売場の違いを理解し、
売場作りの基礎的知識をまた、新たなノウハウを
蓄積するための基礎を身につけます。
普遍的な法則を習得するだけでなく、
改善すべき点を発見できるようになります。


■POP3級 7月11日(木)10:00〜17:00

POPの重要性と原則を理解します。
お客様とPOPとの距離を考慮し、
的確な情報を発信できるようになります。
多くの情報の中から伝えたい情報を
ピックアップしてPOPを作成します。


■MD3級  7月12日(金)10:00〜17:00

本質を学び、基礎的知識を身につけます。
マーチャンダイジング(MD)の根幹である分類の
決め方を学び、例題を演習で解いてみて、
実店舗の大・中・小分類を決定します。

詳細はホームページ をご覧ください。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM