<< 小売の科学1 | main | VMDの独自ノウハウ >>

小売の科学2


今回も小売の科学の独自ノウハウをご紹介します。

VMDの独自ノウハウはこちら


○科学と感性に分けて仮説を立てる

ある事象をとらえて「科学」と「感性」に分ける。

感性の一部に着目して仮説とすることで、

ノウハウが取得できる。

そして科学の1つである原則を細分化して

仮説を立てることでも、ノウハウが取得できる。




「『感性』と『原則』に仮説を立てる」
2008年9月9日の繊研新聞に掲載されました。




○小売の科学の3つの欠落

売り上げ不振の対応策を挙げたい。

本来できているはずの「科学」の部分で欠落していることが3つある。

それは、

(類が不明確

■唯張廛薀鵑虜櫃坊真瑤魴茲瓩蕕譴覆

2樟發領て方を知らない

この3点を克服できれば、売り上げ不振から脱却できる。



「小売り科学の三つの欠落ー分類・型数・仮説」
2008年12月2日の繊研新聞に掲載されました。


○不振時には基本を理解し、基本ができない理由を知る

業績が不振の時には、できていない基本を根本から学習し、

深く理解すること。

そして嫌なことでもやるべきことは逃げずに実行すること。

知識をうやむやにする、やるべきことを逃げてやり過ごす、

そういうレベルではもう戦えない。





「確実に深く真の意味を会得」
2009年3月3日の繊研新聞に掲載されました。


SHOW&TELL ホームページ  http://www.storeclinic.co.jp/ 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM