<< 新刊のご紹介 | main | ターゲットとMDの整合性について  >>

小売りにもレシピがある


料理にレシピがあるのと同様に小売りにも
レシピがあります。
 

レシピを浸透させ、個人の感性に委ねる部分を
減らすことで効率が上がり、発展につながります。


MD(マーチャンダイジング/商品政策)にも
VMD(品揃えを伝える様々な施策)にも
POP(店頭広告)にもレシピがあります。
 

レシピを参考に調理すると、誰でも一定レベル
の料理ができます。

レシピは個人の感性を発揮する前の「基本原則」
や「ルール」と言えるもので、「科学」です。
 

何ごとも科学的な部分と感性の部分とで
成り立っています。
 

例えば、感性が重要と思われるディスプレーも、
個人の感性に頼る部分と普遍的な原則とで
成り立っています。

実は良いディスプレーを作るにはセンスなどの
感性よりは原則、つまり科学の部分が重要なのです。


科学には3つあり、中心となるものは誰もが
成果を出せる基本原則です。

入店客を増やす原則、商品をたくさん見て
もらう原則、ディスプレー商品を瞬時に伝える原則、
POPを見てもらい売り上げに結びつける原則など
があります。


科学の二つ目はお店のルールです。
会社には様々なルールがあります。
 

ルールは社員全員が守るべきで、個人の感性を
発揮する余地などありませんから科学です。


三つ目は仮説と検証で得た独自のノウハウです。

小売りはやってみなければ分からないということ
が沢山あります。

正解は仮説を立てて、売上の数値で比較検証
することで導き出せます。


ある食品スーパーの試食ブースで、ジャム24種類を
陳列した時と6種類を陳列した時とでは、試食後の
売れ行きは6種類の方が6倍以上でした。
 

これは、新たに取得した一つのノウハウです。
 

この結果が出た以上、もう24種類販売する必要は
ありません。
 

このように、仮説と検証で得たノウハウも科学です。
 

売り上げに結びつくディスプレー、売り上げに
貢献するPOPとはどのようなものか、

当社スタッフの松井柚子が科学の部分を整理して
書き上げたのが、新刊「ディスプレー入門」です。
 

SHOW&TELL ホームページ
 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM