<< 百貨店メンズ8月 | main | ネガティブスペースの重要性 後編 >>

ネガティブスペースの重要性 前編

ネガティブスペースを設けることも重要です。

ネガティブスペースとは、

商品やディスプレー、POPを見てもらうために、

意図的に設ける空間のことです。

 

商品と商品の間、

ディスプレーとディスプレーの間、

POPとPOPの間

などに空間を設けます。

 

そうして初めて見てもらえる

環境が整ったことになります。


お客様にそれぞれの商品をきちんと

見てもらうためには空間を上手に使います。

商品が隙間なく並んでいる状態と、

適度な空間がある状態とでは、

見やすさがかなり違ってきます。

 

商品1点ずつ、1列ずつの間に

空間を設けることはもちろん、

デザインや色が異なるところでは

少し余分に空間を設けるようにします。

 

そうすることで商品の訴求力が高まり、

価格以上によく見せることができます。
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM