<< テーマを絞って売上に直結させる その2 | main | 【情報を受け取ってもらうために その1】 >>

販売員の教育制度を見直そう

ISSUE【アパレル販売員の教育制度を見直そう】 入社したら、右も左もわからないがとりあえず店頭に出て接客。とくにアルバイトで販売を経験したことのある人ならわかる光景ではないでしょうか。 そもそもアパレル界では、勉強をしてからやっ...

Posted by The FLAG on 2015年10月2日


以前から販売スタッフの教育内容と
待遇に疑問を感じています。

私の昔のことを思い起こすと、
百貨店に入社して通り一遍の教習を受けてから、
婦人服の売り場に立たされました。

商品知識もセールストークもない状態で、
これまで一度も身に付けたことのない婦人服を
売る売り場に放り込まれたのです。

「いらっしゃいませ」も満足に言えない
20歳過ぎのお兄ちゃんが緊張しながら、
「いらっしゃいませ。ジャケットをお探しですか?」
などと女性のお客様に声をかけます。



2014年1月10日付繊研新聞「め・て・みみ」
にこんな記事が載っていました。

ニューヨークの高級専門店では、
トップ販売員を数千万円の年棒で
ヘッドハンティングしあうことがある。

店を移動すると、その販売員がもつ
顧客と億単位の売り上げも移るからだ。

当然、経営側はトップ販売員を大切に扱う。

翻って日本ではどうだろう。

販売のプロとして働き甲斐をもてる環境は、
どれくらい整備されているのだろうか。

賃金だけではない。

販売員としての社会的な地位向上も、
業界全体で考える時期かも知れない。



その通りと思います。

セールストークや売り場作りについての
教育の場があって、身に付けた知識を
資格認定する制度があり、
給与が資格に応じて決まるようになれば、
結果として待遇も改善されます。

販売スタッフが売り上げを上げるために
身に付けるべき知識は様々ありますが、
私は「お客様に情報を伝える力」を挙げます。

情報とは、売り場の品揃えの情報や商品の情報、
そしてトレンドなどの情報です。

伝える力を3つに分けます。

\楜匯に口頭で伝える力
⊂ι覆鮖箸辰禿舛┐詢
POPを使って伝える力

販売スタッフが売り上げを上げるために
必要なこととして、接客時に口頭で伝える力
があります。

この力のレベルを筆記試験で
判定することは可能です。


2つ目は商品を使って情報を伝える力です。
それには、売り場の商品を分類する知識、
そしてディスプレーで見せているアイテムや
コーディネートが伝わるようなディスプレーを
作る知識とスキルが求められます。

これらの知識も筆記試験で確認できます。


3つ目は文字情報で伝える力、つまりPOPを
使って伝える力です。

POPを使って売り上げを伸ばすために
重要なことは、デザインなどの感性的
なことではなく、
伝えたい情報を集めて整理する知識、
そして伝えたい情報に優先順位を付けて
文言にまとめる知識です。

売り上げに貢献するPOP作成の知識も筆記試験で判定できます。



「お客様に情報を伝える力」を
新入社員の時から身につけることができれば、
初めて売り場に立った時も右往左往せずに、
落ち着いて接客に臨めます。

そして実践的な資格認定制度があることで、
販売スタッフの待遇改善につながることも期待できます。




 

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM