<< 販売員の教育制度を見直そう | main | 【情報を受け取ってもらうために その2】 >>

【情報を受け取ってもらうために その1】

人が目を向けるのは一瞬で、

その間に受け取れる情報量は限られています。


いろいろな情報、例えば色が溢れ、まとまりのない

ディスプレーを目にしたとしても、

何も印象に残りません。


情報を受け取ってもらうためのポイントは、

「共通部分を多くする」ことです。

 


ディスプレーは、最初の段階では

見ようと思って細部まで見るものではなく、

歩きながら視界に入ってくるものです。


見せたいものを盛りだくさん飾り、

自己満足してしまっているケースがありますが、

それでは何の気なしに通り過ぎる

お客様の足を立ち止まらせることはできません。
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM