<< 【ギフトプロモーションでの絞り方 その1】 | main | 【発信する情報を考える:::小売店ディスプレー編】 >>

【ギフトプロモーションでの絞り方  その2】

ギフト当日から直前の数日間はテーマを「価格」

で絞ります。

なぜなら購入する人の関心が最も高い要素が

「価格」だからです。




最も売れる価格が3000円ならば、

直前にまとめるテーマは「価格3000円」

にします。


そうすることにより、予算が合うお客様に

そこで立ち止まってもらい、

予算に該当する商品を比較検討してもらう

ことが可能になります。


予算3000円の方はこちら、

5000円の方はこちら、など

価格別にまとめることにより、

選ぶ時に動き回らずにすみ、

限られたスペースの中で比較検討できるのです。




ディスプレーなどに引き寄せられながら

店内を歩き回るのは、

「何かめぼしい物がないかしら」と、

まだ期待感に胸を膨らませている時間です。




ですが、比較検討の時点で歩き回らなくては

ならないとなると、そのうち面倒になって

買うことをやめてしまいます。




狭いスペースの中で比較検討できるようにする

ことは、心地良い売り場づくりの要素の一つです。



一度陳列したら、最終日まで変えずに

そのままイベント当日を迎えることが

できればお店としては楽ですが、

来店頻度の高いお客様はいつも同じ情報を見る

ことになります。




それでは再来店したいという気持ちが起きません。

当日までのプロモーションを計画的に変更したり

することで、他店との差別化が図られます。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM