<< 【発信する情報を考える:::小売店ディスプレー編】 | main | 【テーマ設定の具体例 その1】 >>

【百貨店が新業態の中小型店で攻勢に転じる】

百貨店のグレードを保った小型店は
様々な商業施設での多店舗化が可能であり、
新たな業態で活路を見出せるのではと予想します。

現に各社が以下の様に出店を続けています。

三越伊勢丹の「エムアイプラザ」「イセタンサローネ」、
高島屋の「タカシマヤスタイルメゾン」、
京王百貨店の3号店、丸広百貨店の「シーズンクローゼットマルヒロ」、
小田急百貨店の「Desk my Style」、
東急百貨店の「フードショー」「ミッケ」など。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM