【講習のCM動画その1:VMD講習&POP講習編】

5月に開催する講習のCM動画です。
1分程度です。
是非ご覧ください。

詳細とお申し込みのサイトはこちら

「VMD講習&POP講習」


 


【VMD講習・POP講習のお知らせ】

ショーアンドテルは今年で設立20周年になります。
それを記念してVMDとPOPの講習を開催致します。

概要は下記の通りですが、詳細はこちらでご覧になれます。



----------------------------------------------------------------------

【売り上げを伸ばすVMD講習・POP講習】


お店を科学的に運営したい!

そんなあなたに最適な講習です。


今回の講習は

「売り上げを伸ばすVMDとは?」
「売り上げに貢献するPOPとは?」

という視点に基づいて、


VMD講習は
「品揃え情報を伝えるためにどのような売場を作ったら良いのか」

POP講習は
「品揃え情報を伝えるためにどのようなタイトルや説明文にしたら良いのか」

がメインテーマになっています。


■講習の日程等

◎日程

2016年5月25日(水)
13:00〜14:30 POP講習 定員20名
15:00〜16:30 VMD講習 定員20名

2016年5月26日(木)
13:00〜14:30 POP講習 定員20名
15:00〜16:30 VMD講習 定員20名

◎場所

東京都内   申込後にお知らせ致します。

◎料金 5000円(税込)



詳細とお申し込みはこちら

----------------------------------------------------------------------
 

【商品ページから"購入したい"と思わせるには?】

普段洋服を購入するとき、その商品を”見て”、”触って”、
”試着してみる”といった行動が一般的ではないでしょうか。
しかし、ウェブ上においてそれらは実際に行うことができません。
そこで各サイトがどのような形で商品詳細ページで工夫しているのかを
TheFLAGが独自に選んだサイトにて比較調査しました。
商品詳細ページのあるべき姿とは一体どんなものなのでしょうか?




ポイントを3つに絞りました。

1)伝え方を決める

まず、商品詳細ページに至らせるために必要なことがあります。
商品情報の何をどの段階で知らせるかです。

商品には品名、デザイン、素材、サイズなどの情報があります。
見て触ることができないとき、第1段階で商品の何を伝え、
興味を持った人に次の段階で何を伝え、更に次の段階では何を
伝えるか、それを整理することで最終的に多くの情報を伝えられます。

商品によっては一度に全てを伝えられるものがあるでしょうが
一般的にはいくつかに分けて伝える方が多くの情報を伝えられます。
では何回に分けた方が良いのでしょう。
二度に分けて伝えるのが良いか、或いは三度が良いのか、
それは両方を試してみて比較しなければ分かりません。

要約すると、まず何を伝えるかを決め、次に伝える順番を決めます。
そして何段階に分けて伝えていくのかも決めます。

2)情報の量を考える

資料によると、写真の枚数は、,曚10枚以下、10〜15枚、
20枚前後、25枚前後、35枚以上に分かれます。
この適正な枚数はターゲットや商品の特徴(品名、価格、デザインなど)
により異なると思いますが、それぞれにベストがあるはずです。
,両豺隋↓△両豺腓覆彪悩榾膺瑤琉磴い砲茲詛笋蠑紊欧諒儔修
追求することでベストを導き出すことができます。

3)購入を決定付けるために

商品の情報をある程度伝えて強い関心を持ってもらい、
最終段階で商品の詳細ページを見てもらいます。

カタログのような商品の羅列だけで単調になると、
見る人は退屈に感じ、サイトから離脱していくかも知れません。

「nano・universe」の例で見られる、雑誌のような
ヴィジュアルイメージは魅力度を高めます。
同じく、ジーンズの写真に「リアルなダメージ加工」
のキャプションがあるのも効果的です。
同じく、素材の透け感、裏地の有無、生地の厚さ、伸縮性、
そしてシルエットの「ビッグ・スタンダード・スモール」
なども、購入を検討している人にとっては有難い情報です。

「シャツファクトリー」 では、「シンプルで洗練された
シルエット」など5つの特長が詳細に渡って記載されています。

その商品に強い関心を持った人はより多くの情報を知りたいので
このような情報を載せることが背中を押し、買上率を高める
ことになります。

サイズのミスマッチを防ぐため、
「magaseek」と「nano・universe」 では
手持ちの服を測って入力し、購入検討しているアイテムとの
サイズ比較ができるサービスを導入していますが、これも
商品に魅力を感じた人の背中を強く押す情報になります。


比較調査の結果はこちらでご覧ください。







 

【売り場で起こる現象には全て理由がある】

商品が多すぎてゴチャゴチャとしているのも
カウンター周りにメモや筆記具などが雑然と
置いてあるのも全て理由があります。

何故このような現象が起こるか わかりますか?

商品が多すぎて通路にまで進出している売場があります。
歩くのを邪魔をしています。
でも商品がなくなりません。
何故なのでしょう?

売り場の責任者が
「店頭には商品をたくさん置いた方が売上が上がる」
と考えているからです。

本当に売り上げが上がるのでしょうか。

それから、カウンター周りが雑然としてくるのは何故でしょう?
理由がわかりますか?

売場で起こる現象を動画でご覧いただけます。
イラスト入りで分かりやすく解説しました。
お時間のある時にでもご覧ください。
3分30秒です。


【科学的な発想に魅力を感じる方に最適なレポートです】

「お店を科学的に運営したい方」にお知らせです。


何ごとも科学的な部分と感性の部分とで構成されています。

小売には感性が重要ですが、科学的な部分も同じ様に重要です。

科学をおざなりにしても成功するお店があることも確かです。

しかし、売り上げの増加と共に社員や店舗を増やす、

そして長期的に発展させるためには科学の部分にも注力する

必要があります。



誰でも理解、納得できる普遍的な原則が昔から様々あります。

今後スタンダードになること必須の新たな原則も生まれています。

「原則」は誰もが成果を出すことができ、個人の感性を発揮する

余地のないものなので「科学」です。

このレポートでは、売場作り(VMD)と店頭広告(POP)の

面からショーアンドテルならではの独自の原則を紹介しています。

「小売りの科学」に興味がお有りの方には必読のレポートです。


無料レポート「伝える技術 小売編 〜商品と文字を使って伝える〜」の

詳細はこちらからどうぞ。




 

【VMDの仕事をしている方・VMDを仕事にしたい方にお知らせです】

【レポート『伝える技術 小売編  〜商品とPOPで伝える〜』】

これまでの常識を超えた、今後スタンダードになること必須の理論が掲載されています。
最新、かつレベルの高い理論を知りたい方、周りの人が知らないノウハウを
いち早く吸収したい専門家の方には必読のレポートです。

《伝えたいことを伝えるポイントをまとめたレポート》(A4サイズ33p)
が無料で手に入ります。イラスト入りで、とても分かりやすいです。

詳細とお申し込みは以下でお願い致します。
⇒ http://showandtell.buymesong.com/info/report01/


■これまで知識不足が原因で困ったことがありませんか?■

・知識を論理的に整理できていないため、質問に対して的確な回答ができない。

・論理的に説得できないので、抵抗勢力に会うと協力を得られない。

・クライアントや現場スタッフの方のノウハウが優っていることがある。


■あなたが必要な知識をお伝えします■

あなたの仕事をスムーズに進めるために必要な知識をお伝えします。

そのために必要なことは
1.指導される立場の人でも知っている知識は身につけておくこと。
2.即答しなければならない原理原則や広く浸透している知識と
仮説を立てて得るべきノウハウを分けて考えること。

詳細は以下でご覧ください。
⇒ http://showandtell.buymesong.com/info/report01/


■革新的でオリジナリティ溢れる理論を公開■

これまで数々のオリジナリティ溢れる理論を構築してきた
ショーアンドテルがこれからノウハウを公開していきます。
共感していただける方と一緒に、売場の業績向上に役立つ理論を
広めていきたいと考えています。

では、売場に役立つ理論、オリジナリティ溢れる理論とは
どのようなものか、レポートに掲載されている例を3つ紹介します。

◎オリジナリティその1
売りたい商品をお客様に伝えるための3つの方法がある

◎オリジナリティその2
パンツの視認性を高めるにはトップスの情報を絞り込む

◎オリジナリティその3
POPの内容は優先順位の付け方で変わる
 

詳細とお申し込みは以下でお願い致します。
⇒ http://showandtell.buymesong.com/info/report01/


2016年5月に会社設立20周年を記念してセミナーを開催します。
そこで最新、かつ最高レベルの実践的なノウハウを解説します。
その際、セミナーで使用の資料などの開放(有料)についてもお知らせ致します。
まずは無料レポートでショーアンドテルの最新のノウハウの一端をご覧下さい。
現在VMDの仕事をしている方や今後VMDを仕事にしたい方には特にお勧め致します。
 


【レポートプレゼントのお知らせ】

新たなレポートが完成しましたので、お知らせ致します。

【伝える技術 小売編】と題し、
商品を使って品揃え情報を伝える方法と
文字を使って伝える方法を具体的に解説
したレポートです。

お申し込みは以下からお願い致します。

http://www.storeclinic.co.jp/11booklet/register.html   

尚、目次は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■■[伝える技術 小売編]  目次
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■はじめに

大事なことは専門用語の理解などではない。
品揃え情報が伝わる売り場を作れるかどうかである。


■テーマの絞り込みという新しい法則

1)品揃え情報が伝わる売り場とは?
・伝わらないと立ち寄ってもらえない
・伝えないと売れない
・売りたい商品を決めてテーマを絞る
・テーマ設定の4つの例

2)テーマが伝わる売り場を作る3つの方法
・売りたい商品をディスプレーで伝える 
・売りたい商品を固まりで伝える
・売りたい商品をPOPで伝える


■POPを売上アップに役立てる

1)POPの新たな常識 
・読んでもらうために体裁を整える
・売上を左右するのは内容
 1.何を言いたいのかよくわからないPOP
 2.文字数が多いので、絞る必要があるPOP
 3.伝えたいことが整理されているPOP

2)POPもテーマの設定が決め手
・テーマの具体例
・優先順位の付け方でPOPの内容が変わる
・POPの実習
 1.テーマを整理する
 2.3m離れた人に何を伝えるか
 3.1m離れた人に何を伝えるか
 4.30cm離れた人に何を伝えるか


■VMDレベルチェック

弊社のサイトに載っている
「VMDレベルチェック10の設問」から1つ紹介

回答を確認できるサイトもご案内

お申し込みは以下からお願い致します。

http://www.storeclinic.co.jp/11booklet/register.html 


【テーマ設定の具体例 その2】



《テーマがデザインのとき》

テーマは「スキニーパンツ」です。


向かって左側のボディーの

トップスは綿フランネルのグレーのチェックのシャツ、

インナーは白ベースのカットソー、

黒のダウンベストを羽織り、

ボトムスはグレーのスキニーパンツ、

ムートンの黒のショートブーツを履いています。




右側は綿フランネルの赤のチェックのシャツ、

インナーは白ベースのカットソー、

グレーのダウンベストを羽織り、

ボトムスは黒のスキニーパンツ、

ムートンのグレーのショートブーツを履いています。

【テーマ設定の具体例 その1】





《テーマが素材のとき》

スポーツのメンズとレディスの2体のボディーの例

テーマは「防水素材を使用のジャケット」です。


向かって左側のメンズのボディーの

トップスにはグレーの防水素材のジャンパー、

インナーは赤チェックのシャツ、

ボトムスはグレーのハーフパンツ、

靴は黒のウォーキングシューズを履いています。




右側のレディスの

トップスは赤のチェックの防水素材のジャンパー、

インナーはグレーの無地のシャツ、

ボトムスはグレーのパンツ、

靴はピンクのウォーキングシューズを履いています。
 

【百貨店が新業態の中小型店で攻勢に転じる】

百貨店のグレードを保った小型店は
様々な商業施設での多店舗化が可能であり、
新たな業態で活路を見出せるのではと予想します。

現に各社が以下の様に出店を続けています。

三越伊勢丹の「エムアイプラザ」「イセタンサローネ」、
高島屋の「タカシマヤスタイルメゾン」、
京王百貨店の3号店、丸広百貨店の「シーズンクローゼットマルヒロ」、
小田急百貨店の「Desk my Style」、
東急百貨店の「フードショー」「ミッケ」など。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
本のご紹介
無料レポート【伝える技術 小売編】

商品を使って品揃え情報を伝える方法と文字を使って伝える方法を具体的に解説 したレポートです。
お申し込みは以下からお願い致します。
http://www.storeclinic.co.jp/

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM